カジハピ

居心地のよい暮らしやすい家にするために家を整理しています

シロアリ駆除から5年経ってもう一度床下をチェックしてもらう

f:id:herbtulsi:20190407113646j:plain

シロアリ

5年前に家にシロアリが沸いて、シロアリの駆除をしてもらいました。

それから5年経ち、今日補償期間が終わるということで、改めて床下をチェックしてもらいました。

床下の写真も撮ってもらったのですが、思ったよりも被害に遭っていてびっくりしました。

 

シロアリがどういうところから家に入って来るのか、詳しく教えてもらいました。

本当にちょっとしたすき間から侵入するのだそうです。

たとえば、コンクリートに沿って中に入ることもあるし、雨漏りすれば屋根から入って来ることもあるし、ベランダから入ることもあるのだそうです。

 

シロアリって小さいけど、ある意味最強ですよね。

外壁も手入れをしっかりしておかないと、ちょっとしたすき間からでも入れるらしいです。本当にどこからでも入って来るんだとわかって、すっかり不安になりました。

 

シロアリが原因で家事になることもあるそうです。

隣の市でシロアリが原因の火災があったと教えてもらいました。

シロアリってなんでもかじってしまうらしくて、電気のコードもかじったのだそうです。

 

また、薬を撒いてもらうほうがいいのかなと思ったりもしたのですが、床下だけでなく屋根裏にシロアリが巣を作ることもあるそうなので、床下だけ薬を撒いても完全に防御できるわけではないのです。

 

工事のときは、少しでも安全な方法でやってほしくて、ベイト工法を選びました。
シロアリの生態を利用して、シロアリの巣を根絶していくシステムです。
環境にも人にもやさしい工法でそこはよかったのですが、代わりに時間は半年以上かかりました。

業者さんが何回も家に来て様子をチェックしてくれて、薬剤の使用は必要最低限に抑えていたので半年もかかったんです。

 

 

夫はこれからときどき、床下にもぐったり屋根裏にのぼったりしてチェックすると言ってました。家を持つということは、メンテナンスが必要だということですね。

 

シロアリにかじられたところは、そのまま置いておくとどうなるのか心配になったのですが、今度またシロアリが沸いて、床下など被害にあったら、それは家にとって絶対良くないから気をつけるようにと言われました。

 

家が海にも近いし、山にも近いので、それもあんまりよくないそうです。

それから、家のすぐそばに花を植えているのですが、湿気が高くなるため、これも良くないそうです。

家のそばの花壇もやめて、ちょっと離したところにお花を植えるようにしようかなと思いました。

 来年には花壇を移して、風通しをよくしようと計画中です。