カジハピ

居心地のよい暮らしやすい家にするために家を整理しています

ほったらかし栽培のハーブのルッコラです

 

f:id:herbtulsi:20190207085429j:plain

ルッコラ

庭に植えているハーブのルッコラです。

ピリッとした辛味があって、私はサラダに入れるのが好きです。

 

決して広いとは言えない庭に野菜を少しづつ植えているんです。

基本的には、手のかからない野菜を選んで植えています。

 

ルッコラも最初は苗を買ってきて植えてみたんです。

そしたらどんどん成長して花が咲き、種ができて、それが知らない間に落ちていて、秋になったら一斉にあちこちから芽が出てきてびっくりしました!

 

こんな風に勝手に種が落ちて、どんどん芽が出るパターンの野菜はたくさんあります。

パクチーイタリアンパセリ、にら、つるむらさき、ゴーヤ、三つ葉、シソなんかが当てはまります。

 

種ではないけどチャイブも勝手に株が大きくなっていきますし、ミョウガなんかはこんなところまで来るのかっていうくらい地下茎が伸びてきて、あちこちから芽を出します。

なんだかすごく得した気分なんですよ。

「一粒で二度おいしい」というキャッチコピーがありましたが、「一回の手間で何度もおいしい」という感じですね。

 

ただ、何年か経つとだんだん出てくる芽が減ってきたり、弱ってきたりするので、そうしたら新しい種を買ってきて蒔きなおすことにしています。

 

春菊や水菜などはJAで苗を100円くらいで買ってきます。

黒いポットの中に10個くらい芽がでているので、それをバラバラにして、庭のあちこちに植え直します。

するとそれぞれ大きくなるので、わが家で食べる分くらいは、十分にまかなうことが出来ます。

 

こんな適当でも、楽しんで野菜作りをできています。

あまりにも一生懸命にやっていると、失敗したり、思ったように育たなかったりすると、がっくりくることもありますが、私のようにいいかげんにやっていると、収穫できたらラッキーと思えます。

私の性格には合っている栽培方法ですね。

 

7年くらい前に、畑を借りて野菜を作っていたことがあります。

市役所に行って、「野菜を作りたいのでどこか貸してもらえる農地はありませんか」とお願いしました。

市役所から紹介された人のところで、農地を借りて野菜を作っていました。

車で25分くらいかかるところで、もともと田んぼだったところです。

田んぼはあんまりよくないかな~とも思ったのですが、せっかく貸してもらえるという事で、そこで野菜作りを始めました。

 

ただ、元が田んぼなので、何といっても水はけが悪いんです。

土地を高くするために、土を入れたりもしたのですが、雨が続くと水浸しになる感じでした。

 

そのときのことは、今思い出しても失敗談ばかりです。

夫と私が二人で鍬をもって土地を耕しているのを見て、近くに住んでいた方が、トラクターに乗って手伝いに来てくださいました。

見ず知らずの私たちを不憫に思って、アイスクリームまで買って持ってきてくださったんですよ。

 

本当にありがたかったです。

 

母の介護が始まって、結局その畑はお返ししました。

本当にお世話になったみなさん、ありがとうございました。