カジハピ

居心地のよい暮らしやすい家にするために家を整理しています

料理本を処分することにしました

料理本が今、家に約40冊あります。

結婚した当初は、料理が苦手でほとんどできませんでした。

ちょうど冬だったこともあり、とりあえず鍋料理ができれば何とか乗り切れるだろうと思っていたのです。

 

でもそんなわけにはいかなくて、夕食づくりに3時間くらいかけたこともありました。

 

さすがに結婚して30年以上経っているので、それなりに料理は作れるようになりました。でも料理に対するコンプレックスはずっと持ったままですね。

 

そのせいか、料理の本をついつい買ってしまいます。

料理本を見ていると、上手に作れるような気がしてなんだか安心するんでしょうね。

目次

 

料理本を見るのはどんなときか

料理って、本なんか見ないでざっくり作っても、おおよそ同じような味にできあがるものだと思うんです。材料や調味料が一緒であれば、作り方が適当でも、できあがりは大体似てきますよね。

(プロの方が作ると違うんでしょうけれど・・・)

 

久しぶりに作った料理は、どうやって作ったらいいかなと思って本で確認しますが、日頃作る料理は見なくても作れます。

 

らっきょうを漬けるとか、梅干しをつけるときとか、年に1回しか作らないものは、塩分などをちゃんと確認しておいたほうがいいですよね。

お菓子作りも、ちゃんと分量を量らないと膨らまないとかがあるので、確認した方がいいと思います。

 

スマホで料理の作り方を調べる

スマホで検索すれば、ほとんどの料理の作り方はわかりますよね。

たとえば、「肉じゃが」で検索すると、レシピは山ほど出てきます。

最近は動画でも作り方を確認することができるので、本当に料理本は必要ないかもと思うようになりました。

残しておきたい料理本

本はスマホに比べて細かい手順や注意した方がいいところを詳しく書いてあるので、何冊かは必要だと思うのですが、たくさんは要らないなと思えるようになってきました。

そこで、残しておきたい本を選んでみました。

 

保存食の本

f:id:herbtulsi:20190521162151j:plain

年に1回しか作らない梅干し、らっきょう漬けなどの作り方を確認します。

 

おせち料理の本

f:id:herbtulsi:20190521162224j:plain

おせち料理も年に1回しか作りません。それに最近までお正月は実家に帰っていたので、あまり本格的に作ってこなかったのです。

今から真剣に勉強したい分野です。

 

野菜などのレシピがたくさん載っている本

f:id:herbtulsi:20190521162319j:plain

f:id:herbtulsi:20190521162400j:plain

野菜など旬の食材を使って料理しようと思うと、どうしても同じ野菜を繰り返し食べることになります。

夏ならきゅうり、トマト、ナスなどの夏野菜ばっかりが食卓に並びます。

同じ野菜でも、飽きずに食べることができるように、野菜のレシピがたくさんあるのはありがたいです。

 

これから作りたいと思っている料理本

f:id:herbtulsi:20190521164010j:plain

米粉のパンや白崎さんの料理は作ってみたいと思っているので、これらは残しておこうと思います。

見ていると楽しい本はいいですよね。

これから必要になる料理本

f:id:herbtulsi:20190521164300j:plain

「つるかめ食堂 子が親に作りおくごはん」という本なのですが、父に持っていく料理の参考にしようと思って買った本です。

元気な親でいてもらうための食事作りの本です。

 

もう必要がなくなりましたが、今度は自分たちのために使うことになりますね。

ときどき、しゃべりながら水を飲んだりすると、むせてせき込むことがあります。

そんな年齢になってきたのかなと、ちょっと悲しくなりますが、どうやったらむせずに食べることができるのか、食べやすくするコツが書いてあります。

歳をとって、低栄養にならないように気をつけることも大事なようです。

低栄養は、多くの高齢者に元気なうちからゆっくり進んでいくそうです。

 

40~50代からでも、気をつけておいた方がいいそうですよ。

要らなくなった本を処分する方法

本の買取

不要になった本は、半年か1年に1回程度、ブックオフにまとめて持っていきます。

大事にきれいに折り目もつけずに読んだ本も大した金額にはなりません。

2000~3000円の本でも、高くて150円くらいでした。

でも、家に置いておいても仕方ないので買い取ってもらいます。

その買取の査定をしてもらっている間に、ぶらぶら本を見ているとつい欲しくなって買ってしまうという悪循環??

本を減らすはずだったのに、また買ってしまった・・・という事がよくあります。

しかたないですね。

ネットで売る

以前は、amazonで不要になった本と売ることも多かったのですが、メールをチェックしたりするのをうっかり忘れてしまうこともあり、何となくやめてしまいました。

 

今だとメルカリで売るといいのかなとも思うのですが、まだやったことがないんですよね。本はそんなに高く売れそうにないので、梱包や発送の手間を考えるとブックオフにするか・・・と思ってしまいます。

本の買取に来てもらう

本は重たいので、段ボールに3箱くらい詰めて持っていくと結構な重さになり、腰を痛めることもあります。歳をとってくると、なおさらですよね。

 

今はネットで依頼すると、家に段ボールを送ってくれて、その段ボールに詰めて宅配で送ると査定して買取をしてくれるというサービスがあります。

今度からはそちらを利用する方が、体のためにいいかな~とも思っています。

 

まとめ

 自分にとって必要な本を厳選して持つといいですね。

本に載っていないレシピでも、スマホで検索すれば出てきます。

さらに動画でも確認することもできますよ。

 じっくり勉強したい本だけを残して、あとはぼちぼち処分することにします。